静まらぬ言葉を丸く閉じる母

f0379160_11564701.jpg


すっかり大人の子供たち

きょうだい喧嘩をしなくなった分

それぞれをいたわれるようになって

大人だなあとおもいます

けれども ときどきちょっぴり言いたいことがあり

それでも口に出してはいけないと思うのか

私に話してくるときがあります

愚痴というのでもなく

責めるというのでもなく

ちょっとこうしてほしいんだけど とか

こうしたいんだけど手伝ってもらいたい とか

直接言えばすぐ解決できるはずなのに

相手の反応が気になったり

自分にとっては大きな事だったりと

いろいろ考えるようで

ひとりずつの話は聞いてて長いです

そうして話は何周もまわって

違うことまで出てきて

結局何が問題なのかわからなくなったりして…

私は黙って聴くだけで

そのあとはみんなが集まる時間を段取りして

はい どーぞ とお茶を出すと

だれかれとなく穏やかに話が進み

まあるく まあるく おさまります

なんにもしなくて ただにこにこしているだけでいいなんて

母って いいですね~(笑)



☆静まらぬ言葉を丸く閉じる母



聞き役に専念するのも
努力が必要だなあと感じます
ありがとう





第2回プラチナブロガーコンテスト
自由部門


[PR]
Commented by mariakulala at 2018-01-11 12:36
それ わかります、、、やはりお母さんの優しさですね。
温かいお茶で ほっこり 話が穏やかに
素敵な時間がながれますーー
Commented by eikel at 2018-01-12 17:19
> mariakulalaさん
こんにちは。
ありますよね。下手に口出しもできず(笑)ほっとくのが1番なときって。
そしてあったかい「お茶~♪」ですよね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by eikel | 2018-01-11 12:23 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(2)