一日を終える安堵の灯のともる

f0379160_12250448.jpg


昨日は夜明け前から強風の日でした

子供たちの会社の往復の運転は大丈夫だったろうか?

家の外の物は飛んでないだろうか?と気になって

夜メールをするとなんともない様子でほっとしました

その後の体調は?

変わったことはない?

あれこれ聞くとしまいには返事が来なくなります(笑)

こっちの心配をするより

自分の心配をしなさい、ということなんです

親子逆転です

また、母たちはどうしているかな?と電話をかけると

こちらも変わりなく元気な様子で

おじさんにはプリンター仕様のことで相談を受け

ネットでいろいろ調べてみるものの

ヒットするものがなく暗礁に乗り上げています

ん~、なんとかしてあげたい

けど、パソコンに向かっている時間が長いと

目が痛くなるので

一休みしてまたパソコンに向かいます

母は母で、もの忘れが多くなってきて

「こんなに長生きはしたくないのに」といつもの言葉と

「忘れる」ことに不安を抱いているので

少しでも気持ちが楽になるような話をしてみます

それから叔母は先月白内障の手術を受け

その後見え方に問題があり今日再手術をするそうです

みんな高齢になっていき

病気もついてくる

なるようにしかならないとはわかっていても

「大きな後悔」はもうしたくないので

私ができるときにできることをしてあげたいです

今まで自分のこと優先だったけれど

これからは恩返しの時間だと思うのです



☆一日を終える安堵の灯のともる



みんなが元気でいてくれたらそれでいい
みんなに幸せだと感じていてほしい
そう願いつつ眠りにつきます
ありがとう


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by eikel | 2018-03-02 13:04 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(0)