サクサクと捨てて終活しています

f0379160_11155152.jpg


先日、母のところに行ったとき

また一段と物が少なくなって

部屋の中はずいぶんすっきりしているように見えました

「もういらない物は処分しておかないと片付ける人が大変だから」

「もう長くはないからできることはやっておかなくちゃ」

なんて

片付けが趣味のような母の言葉を

そのまま受け取るとクスッと笑えたり

でもやっぱり淋しいことだなぁと感じました

おじさんはそんな母をよそに

趣味のことを楽しそうにやっているので

まだまだいつまでも元気でいられるね って思っていたのですが

昨夕 母から電話があり

おじさんが入院したと聞かされました

おじさんは元気なときと体調を崩すときが

交互にやってきていたので

正直すごく心配はあったんです

母の涙ぐむ声に

一瞬で

笑顔になることば

悪い方に考えないことば

元気が出ることばを

言ってあげないと

こっちがなんて言おうかなんて黙って考えていると

そのちょっとした時間に母はいろんなことを思い巡らせます


私も今日病院に行くようにしていたのですが

夜中からがくんと体調を悪くし

お薬を飲んで快復中です

どうか どうか どうか

おじさんが早く元気になって家に帰れますようにと

祈っています

「終活」 目の前に突きつけられたようです



☆サクサクと捨てて終活しています



周りには最小限の迷惑で星になること
とてもむつかしく
それでも私もそうしたいと思いました
ありがとう


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by eikel | 2018-03-15 11:41 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(0)