ごめんねで不協和音もなめらかに

f0379160_12592735.jpg


私は意地っ張りなので

家族にはなかなか「ごめん」ということばが

言えません

「だって」 とか

「でも」 とか

「だったら」 とか

が、次に出てきて

息子に

「かあさん、そこに『でも』はないんじゃない?」と

指摘されます^^;


私にだって私の言い分はあって

私の思いを聞いて欲しいし

わかってよ、と

思うんだもん

冷静に考えると

息子のことばの

その先にある思いや

伝えたいことなどを

わかろうともせず

「わたし」を通そうとするからで

指摘されて ハッと気づいて

でも謝りたくなくて・・

そうするとその場の雰囲気は悪くなりますよね

「さっきはごめんね」が言えたとき

息子を思いやれる気持ちになれたことに

すがすがしく

和むなあと

また気づかされるんです



☆ごめんねで不協和音もなめらかに


子供みたいにわがままな母に
いつも付き合ってくれて
ありがとう




minne。Creema。に
新作フォトブックを出しました




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by eikel | 2018-09-09 13:49 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(0)