ウエディングベル嬉しくてさみしくて

f0379160_18451599.jpg


「長すぎた春」にならなくてよかったという気持ちが

正直なところです

これまで何度か背中を押してきて

そのたびに、それからすぐ、

問題が突きつけられるというのを

繰り返してきたようにおもいます

本人同士の気持ちは

何年も前から決まっていたので

「いつか」というのを

みんなで待っていました

最後の手術から2か月

様子を見ている最中の2か月

次の検査までの2か月

今回背中を押したのは

落ち着くのを待っていても無駄だとおもったからで

次の検査でまた手術をするかもしれない

でも もう きっと 2人とも

そういうことに慣れたのでしょう

なにが起きても

2人だけじゃなく家族もいる

頼りになる先生もいる

遠くに行っても

検査や手術には帰ってくればいい

きっと「甘えていい」と

思ってくれたんだとおもいます

私も一人旅の宿泊先はあるし

観光先を探すのが楽しみだし

近くには友人がいるので

会いにも行けるし

私の心は本人たちより

わくわくしているかも知れません


☆ウエディングベル嬉しくてさみしくて『鐘』


考え始めると
不安や心配になるので
楽しいことだけを見ていようと思います
ありがとう


[PR]
Commented at 2018-09-29 21:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by eikel | 2018-09-29 19:07 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(1)