薔薇色の景色広がる薬指

f0379160_10511241.jpg


娘の引っ越しの準備もほぼでき

持って行く荷物は隣の部屋にいて

娘の部屋にはベッドのほか

ほとんど何も残っていません

仕事から帰ってきた娘と

そこでテレビを見ながら

いつもどおりの他愛ない話をしますが

入籍したことでなにかが変わったようにおもうんです

自信に満ちたというか

障害を2人で越えた安堵というか

まだ旦那さまと一緒に暮らしていないのに

若奥さまが板についているというか(笑)

昨日は書留で明日の娘の検査代を送ってきてくれたそうです

それから

結婚指輪が出来たよと電話があったとか

買ったときに指輪の写真を送ってくれていたので

来月娘を迎えに来るとき持ってきてくれるそうです

新しい生活が始まるかれらに

たくさんたくさん幸せが訪れますようにと

今はさみしさを封印して祈っています



☆薔薇色の景色広がる薬指『景色



私が作った備前焼のコーヒーカップを
2つ選んでいる娘の顔がうれしかったです
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-29 11:07 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(5)

f0379160_14444465.jpg


先日のテレビドラマで

「ぼくは〇〇くんの良いところを100個知っています」という台詞から

ひとつ ひとつ 出てきたことばは

ふだんから「普通のこと」として

差し出されたものでした

最初は 「それは当たり前でしょ?」と

受け流されていたけれど

5個出て 10個出ていくうちに

その「普通のこと」が「良いこと」へ変わり

ていねいに感じ ていねいに認め ていねいに委ねられていきました

きっと100個ぜんぶが

ちいさな ちいさな 良いことだったんだとおもいます

そのちいさな良いことは

ここに存在していなければ

無いのです

ここに存在しているから

ある

それってすごいことだなぁ

すばらしいことだなぁ

元気が出ることだなぁ

自信に繋がることだなぁ

笑顔になることだなぁ

などなど 感想も100個出てきそうです

今 ここにある 私の良いところを

すらすらと100個言える自分がいたら

どんなにステキでしょう

さっそくことばに出してみましょうか


☆今週の自分を褒める金曜日『金』


自分には良いところがないってウソです
しんどいときも
痛いときも
たくさん良いところがあります
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-24 15:07 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(2)

f0379160_16410895.jpg


頼まれていないことはやらなくていいんだけれど

ついつい気になってしまうから

ほかのところまで手を出してしまう

しんどくなって 余計なことをするからだと叱られて

これだけをやってくれればいいから と

言われるのが目に見えながら

やっぱり ついつい・・・

やっと洋服の箱詰めにたどりついたのは

お昼過ぎていて

本当になにをやっているんだか 私

衣替えをしなくていいように

衣装ケースの大きさに合わせて

見やすくて取り出しやすいようにと

ひとりで あーでもないこーでもないと

入りきるんだろうか?とおもいながら

たたみなおして 種類別に分けて

収納完了

部屋に散乱していた服が

きれいに収まりまだ隙間が空いていることに

ちょっぴり優越感に浸り

ちょっぴりストレス解消にもなり

達成感に包まれた

明日は着物の整理をしよう

持って行くものと置いておくものと

と 考えながら疲れはピークに達した(笑)

娘はというと

夜中から扁桃腺の熱をだし寝込んでいる

熱を出すとなにも食べないので

ポカリだけをベッドの横に置いている

ん~ 静かでいいなぁ^^;

明日はもう少しペースダウンして

ゆっくり片付けることにしようっと


☆テーブルを拭き終えひとり観る録画


夕飯のことまで考えられなくて
冷蔵庫を勝手に物色して
簡単に済ませよう
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-17 17:11 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(0)

f0379160_13550580.jpg


娘がずっと若いころ

部屋に入ることさえ嫌がり

片付けをするように言えば

プイッと横を向いて知らん顔をしたり

わかってる!!と怒ったりしていました

そして要領よく

片付けたふりをしたりして・・・

大人になったらどうなるんだろう?

片付けも掃除もできないのに

お嫁に行けるんだろうか?

なんて本気で考えたこともありました

でも 大人になるにつれ

自分のこだわりのあるお部屋仕様にしたり

相談があるときは

かわいいクッションまで出してくれるという

変わりように

あのとき あんなに言わなきゃよかった・・・

ムキにならなきゃよかった・・・

大嫌いっ!っておもっていただろうな^^;

うるさい しつこい っておもっていただろうな<(_ _)>



半分笑いながら 半分反省をしながら

今、友達みたいに話をしている時間が

とても愛おしいです


☆母が来る埃にふっとかける息『吹く』


明日、あさってとお休みなので
部屋の片付けに呼び出されました
一緒にいられる時間もあと少し
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-16 14:14 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(0)

f0379160_16231428.jpg


また今年もあの日がやってきました

なにもしてあげられなかった日

なんどもなんども後悔をした日

あの日から何年も沈みこんで

起き上がれなくて

誰かのせいにすることで

平静を保っていました

人の前では笑い

普通に話し

大丈夫を装っていた

ながいながい年月

想い出すと胸が苦しくなりますが

それ以上に

あの日より前の日々を思い出すことによって

やっと後悔も薄らぎ

自分にも優しくなれ

きっとこんな私を望んでいるんだろうなと

思えるようになりました

だから

淋しくても 辛くても 哀しくても

もう泣きません

じんわりと優しい温もりが

私を包んでくれているから


☆よみがえる胸の温もり笑い皺



命日それは
あたらしい誕生日
たぶん きっと・・・
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-15 15:24 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(1)

f0379160_14025869.jpg


鳥居の向こう側に立ったときの自分に

あたる風

差し込む光が 

心をしゃきっとさせる

そこから歩き出してから なお

気持ちが静かに 穏やかになっていくのを

感じる


☆入れ替わる空気鳥居を越えてから『鳥居』


後ろから来た自転車とちょっと接触したはずが

反対側にとんでもなく飛ばされて

お店の看板かなにかにぶつかり

目から火花が出て

ほんの一瞬気を失って以来

歩くのが怖くなってしまいました

でも先週から昨日までは

よりによってもろもろの検査日や

もろもろの科の診察日が重なっていたので

しぶしぶ行ってきました

脳神経外科では

脳腫瘍が少し大きくなっているのと

腰髄内腫瘍も少し大きくなっているのと

新しく小さな陰が点々と増えていました

検査をするたび少しずつ大きくなっていても

まだ自覚症状というほどのものがないので

様子見です

それから内臓の検査では

膵臓がんは見つからず よし

肝臓の腫瘍もかわらずで よし

もうこっちは半年おきじゃなくてもいいんじゃね?と

おもっているのになぜか言えない私(笑)

また凍結治療が決まっている腎臓がんは

今回は診察は不要だったねと

先生が言われました

いやいや、その不要な診察予定を入れたのは

先生じゃないですかぁ~^^;

それから

月一でかかりつけ医に痛み止めを出してもらうため

コピーしてもらった脳・脊髄のデータを持って行き

「なんにもどっこも異常なし!」と言っておきました

そしてそして眼科にも予約が入っていて

角膜に付着しているカルシウムが

少しずつ広がっているのと
(角膜を削るばかりでドナーさんに申し訳ない)

炎症が少しあるので

1種類目薬が増えて

カルシウムの広がりは

コンタクトレンズをしていると

痛みがしょっちゅうあるわけじゃないので

大丈夫ですと

もう削らない宣言をしました

そしてやっとぉ

今月の通院を全部済ませて

ほっとひと息入れられるとおもうと

帰りの足取りも軽かったけど

また自転車が私を追い越し際に

勢いよくかすっていき

後ろから来たたぶん友人らしき人が

よろける私に

「だいじょうぶですか~~?」と言って

なぜかそのまま去って行かれた(笑)

あの、転んだんですけどぉ!

ここ、普通の歩道ですけどぉ!

スピード出し過ぎですけどぉ!

車道を通ってくださーい!

とは立ち上がってから思ったことで

とっさになにか言えやしないわ

言えたとしてもきっと言わないけど

ま、10月後半からいろいろあって

やっと今日はのんびりしています

ずーっとのんびりしたいとおもうときと

早くなにかをやらなくちゃとおもうときがあり

こうおもうことも

生きていることだなあとおもいます

来年こそは

病院に縛られない生活がしたいなあと

夢を見るのでした



採血やら点滴やらの
青いあざをいくつもさすりながら
よく頑張ったと褒めています
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-13 15:02 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(1)

f0379160_11113258.jpg



なんで私は生きているんだろうと

生きていること

生きる難しさに

もがいて もがいて

生き続けるという

一点だけを見つめてきました

そして

苦しさや しんどさや 辛さが

少しずつ消されたり足されたりしながら

形が変わり

最近なんとなくやっと

私が生きている意味や理由というものに

気づいた気がしています

多くの人の力を借りながら

支えてもらいながら

生きることができていて

私の性格だとか

考えていることだとか

とっくに知られていて

どれだけ素直じゃなくても

あえて孤独を好んでも

それでもきっと

その人たちは気づかないふりしてくれています

当たり前じゃないのが 私の当たり前で

当たり前じゃないから 私の当たり前を作れば良くて

それが自信だったり

落ち着けることだったり

がんばれるなら

と、ここまでおもって・・・


この先が見えてこないので

またいろんなことを抱え込んで

ぶくぶくと海底へ向かっています


☆生きていることを知らせに陽は昇る『東』


もっと単純に考えられたら
もっと人を頼れたら
ずっと生きやすくなるんだと思います
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-07 15:26 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(0)

憧れはここ両親の笑い声

f0379160_17163936.jpg


つらいとき くるしいとき

そっと見守ってくれる顔がいつもある

そのことを忘れていても

同じ場所でいつでもずっと

ときにはそっとおむすびを置いてくれたり

ときにはオヤジギャグを言ってみたり

がんばれとも言わず

だいじょうぶよとも言わず

そんなときはただ黙って傍にいてくれる


うれしいとき たのしいとき

一緒に笑ってくれる顔がいつもある

自分以上にはしゃいで

自分以上に大笑いして

そんなときは思った以上に

心をぎゅーっと抱きしめてくれる

つらいときは辛さが半分になり

うれしいときは倍にも3倍にも伝染していく

これからもこのまま私たちらしい

家族でいようね


☆憧れはここ両親の笑い声『憧れる』


子供たちの笑顔に救われ
私たちの笑顔で救いたい
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-04 17:36 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(0)

f0379160_17423521.jpg


数日前から手続きのため

遠くに住む彼のところに行ってる娘

用事が済んで私の通院日までには

帰ってくると言ってくれて

うれしいけれど

帰ってきたときにはもう

名字は変わっていて

待っているのは引っ越しの準備です

それにかり出されるのは

ぜんぜん平気でいくらでも手伝ってあげられるけど

来年からのことを考えると

こっちにはいないわけで

顔も頻繁に見られなくなるわけで

今度はいつ帰ってくるんだろう?と

待ちわびるばかりの私がいて

・・・やっぱりさびしいです


朝からトイレに行くのも

ケータイを持ち(笑)

今か今かと電話を待っていると

夕方やっとかかってきました

無事諸々の手続きがおわり

どさくさにまぎれて

「おかあさん、今までありがとう」って…

「でもまだまだ世話を焼かすよー」って…

「もうひとり増えた大きな息子も世話が焼けるよー」って…

「今泣くところじゃないからね。まだそっちにいるんだから~」って…

手続きに行っただけで

年内はこっちにいるってわかっています

だけど やっぱり さみしいんだもん

「何年もまだ行かないの?ってずっと急かしていたんだから

今泣くところじゃないからね」と

釘を刺されたけれど

涙は待ってくれませんでした

でも2人のすがすがしい声を聴き

送られてきた写真を見たら

ほっとして うれしくて涙も止まりました

単純なものです

私たちの病気のことや

それによってご両親に反対されていたことなど

いろんなことをまるごと受け止めてくれた彼には

ほんとうにほんとうにありがとうの感謝しかなくて

娘のいちばんの支えになってくれたことに

安堵の気持ちが優しくひろがっています



☆肩の荷がおりた さみしくなってきた


完治しない病気を持つことは
辛く悲しいことばかりじゃないと
思わせてくれました
ありがとう


[PR]
by eikel | 2018-11-01 18:19 | ふぉと川柳・こころ・病気・etc | Comments(1)