人気ブログランキング |

f0379160_15034610.jpg

受け入れて踏ん張ってただ前を向くだけ、と言った

私もわかっている わかっているから今がある

それなのにこの痛みは

ときとしてその心をあざ笑うかのように

言いようのない、表現のできない痛みを連れてやって来る

いつもならこのお薬を追加して飲もうとか

しばらくなにもせずゴロゴロしようとか

なにかをしてごまかそうとするのだけれど

今回はなにをどうやってもダメで

立っても座ってもいられなくて

横になっても落ち着く気配がなく数日がすぎ

どうしたものかと考え

カレンダーを見ると翌日が先生の外来診察日だとわかり

予約受付ぎりぎりの夕方じぶんでも笑いそうだけど

半分泣きそうな声で診察予約を電話で入れてもらった

先生がどうしようもないことくらいはわかっているけれど

このままでは私がどうしようもなくなる

せめて話を聞いてもらえれば落ち着くかもしれない

もしかして点滴が効くかもしれないなどと想像を膨らます

もちろんそんなことはないのだけれど・・・

そして翌日なんとか病院にたどり着く

こういうときの看護師さんの「今日はどうされましたか?」の問いに

つい口をついて『先生にしかわからないです』と言いそうになる

案の定わたしの説明に首をかしげながら

「このあと〇〇科を受診されますか?」なんて言う

(そこは関係ないし 行かんし!)と思いながら

「大丈夫です」と言うも、きっと顔は引きつっていただろう  

診察室に呼ばれたときは

先生はもうお薬事典?のような本をめくっていた

で、あっさり「ない」と笑って言う

うん、わかっている。

痛み全部を消して欲しいなんて願わない

いつもある痛みまでに戻せるなら

ううん、そこまでじゃなくてもいい

ほんのちょっとの軽減でいい

我慢はいくらでもするから。

中枢神経の痛み止めのあれこれを

もうずっと試していて

どれもこれも効果より副作用がハンパなく出て

断念したお薬がいくつもある

だから今回も先生は「ないよ」と言った

それから考えながらまだ試してないきついお薬を

処方してくれたけど

「副作用が我慢できなかったらすぐやめてね」と言う

効けばラッキー 効かなかったらやっぱり・・・だけのこと

その日の夕方から飲み始めてやっぱりダメだった

頭痛、吐き気、めまい、立っていられないし、なにも食べられないし、飲めないし

本当になにもできない。なんにも、とにかくなんにも。

痩せていくだけ(笑)

こうしてパソコンに向かっているのも

15分ともたないなくて気分転換にもならないなぁ

これをまた受け入れることの一つにするのだと

言い聞かせている


☆ギブアップできない技をかけられる


今ころ先生は受診に来ないから
効果があったと思っているだろうな
ざんねーん!
でも、ありがとう

by eikel | 2019-07-08 16:26 | ふぉと川柳・こころ・etc | Comments(0)