人気ブログランキング |

f0379160_09494200.jpg

10日ほど前から身の回りがバタバタしている

自分のことだけなら自分が踏ん張ればいいのだけれど

自分の痛みに大切な人の痛みが

重なってしまった今回

またジタバタしてしまった

前にも同じようなことがあったのにもかかわらず

慣れるまでにはならない・・・

小さなウソもついた

嘘はいけないこと

嘘は裏切ること

嘘は相手のためにならない

そう言われたとしても

その小さなウソで救われることもあると

まだ何十年もある命なら

しっかりそれを覚えているなら

考えないといけないだろう

長くて十年いや五年ほどかもしれないうちの

ひとときのウソで

その人たちが笑顔になって

心穏やかになって

荒波がおさまり

いつもの日常が、何もない普通の日が

一日でも長く「ある」のであれば

いいと思って

反論を承知で使ってしまう

今日は本人たちは晴れ晴れと笑っている

つけっぱなしのテレビの部屋で

かたや片付けにおわれ

かたやなにをするでもなく自分の椅子に座り・・・



☆虹越えて小宇宙見る水鉄砲『宇宙』



さて今度は私自身のこと
ゆっくり休もう
いたわろうとおもう
ありがとう

# by eikel | 2019-05-18 10:46 | ふぉと川柳・こころ・etc | Comments(0)

f0379160_12185560.jpg

大型連休も今日で終わり

4日前に帰っていった娘が恋しくなってきた(笑)

今度は私が遊びに行こうと

ひとり当てのない計画を立てているのが楽しい

娘たちと母のところに行って1週間近くなるけれど

母はすっかりそのことを忘れていて

電話をかけるたび

娘の「旦那さんはどんな人だったっけ?」と訊いてくる

「お母さんが優しい人だねって言ってくれたよ」というと

安心したように

「そっか。なら安心だね」と昨日の電話と同じことを言う

そしてやっぱり「いつ来る?明日?」と

昨日と同じ(笑)

自分で「昨日のことも忘れて

頭の中はもう真っ白になっている」とも言う

なんというかわいい母だろう

私も娘といつなにをしたか

息子と藤を見に行ったのはいつだったか

カレンダーを見ないとわかんないもん

忘れてもいい 覚えている必要もない

その日が楽しくて

明日も元気でいられるなら

なあんにも問題はないっておもうんだ



☆靴を干す明日を楽しく生きるため『雑詠』



今日はなにをしたの?と訊くより
今日はなにをするの?と訊いた方が
小さな夢が生まれるみたい
ありがとう

# by eikel | 2019-05-06 12:46 | ふぉと川柳・こころ・etc | Comments(0)

f0379160_09500945.jpg

年号が変わって私はこれからどんな時代を過ごすのかと

考える余裕もなく嬉しい悲鳴の連休

娘夫婦が帰省して

長男の彼女が遠方からお泊まりにきて

なにもしないけど目が回っている

昨日は長男たちと藤の花を見に行ったけど

もう花が終わったのか

ん?これからなのか

いまいち見栄えがしなくて

彼女には申し訳なかったかな、と思いつつ

私はひとりうろうろしながら写真を撮る

はぐれるというか 迷子というか

でも私が彼らを探さなくても

適当な時間になったら向こうから見つけてくれる(笑)

しばらくそこにいて連れて帰ってもらって

彼らは彼らでどこかへ出かける

連れてってくれてありがとう

これも思い出のひとこまになるだろう

遠い過去を想い出して

楽しかった時間に浸るのも素敵

今があるのも素敵

ひとりの時間をのんびり過ごすのも素敵

誰かがそこに居たということが

心の支えになっていく



☆想い出を呼び出しながらミルを挽く『回る』



今日は明日帰る娘たちと
お買い物に行く
特別はないけれどそれがいい
ありがとう

# by eikel | 2019-05-01 10:09 | ふぉと川柳・こころ・etc | Comments(2)

f0379160_10422121.jpg

昨日は脳神経外科受診の日だった

明け方前に胸の痛みがきて

慌てて薬を飲み少し眠って起き出した

胸の中はまだどんよりと重く

朝いつものようにその痛み止めともう1種類の痛み止めを飲んだ

案の定、ふらつきやだるさが2倍3倍になってしまう

先生に話して飲み方を探ってみるけど

定期的に追加で1錠増やすのは

やっぱり日常生活がうまくやっていけないので

突発的に来るときだけ服用したいと告げた

できればこんな生活はやめたい

やめたいけれどそうはいかないのが現実

やっとすごしやすくなったかと思えば

バスや電車の中は冷房がかかっていて

背中や胸の痛みにこたえる

まだ持っている脳腫瘍や脊髄内腫瘍たちも

変わらず少しずつ成長されているようだ

角膜の保護のためのコンタクトレンズによる

結膜炎で瞼の裏にブツブツができて

瞬きするたび目が痛くなる

それもなかなか治まらない

来月は腎がんと膵臓がんの検査

今まででの中で腎がんの凍結が一番楽だったから

また腎がんができても楽勝もんだ

「凍結治療」と初めて聞いたときから

本格的に現実化されるようになるまで

何年も月日が経った

経ってしまったという感じかな

宿命を受け止めてから

何十年も経ち

ほかの何がきたってどーってことはないくらい

強くなった自分がいる

それはそうなんだけど

ふっと逃げ出したくもなる

逃げても連れ戻されるのに(笑)

娘夫婦や二男家族、長男と長男の彼女

かれらがいるだけでやっぱり私は頑張ることができるのかな



☆風船になれば帰ってこれぬ此処『軽い』



愚痴をつらつらと書いてしまった
毎度毎度同じ事ばかりで
読んでくださってる方には申し訳ないです
ありがとう

# by eikel | 2019-04-26 11:41 | ふぉと川柳・こころ・etc | Comments(0)

f0379160_14575549.jpg

私たちが目指したのは並木ではなく

樹齢の長そうな大きな3本の桜の木

遊歩道だけど道はでこぼこで

歩くのに躓きそうで

そこにたどり着くのがけっこう遠くて

でも、この写真のように川は流れてて

せせらぎが「いってらっしゃい」と言ってくれた

1年に1度のお楽しみ

けれど、桜の季節に体調が悪くなったら

散歩には出られなくて

そのまま桜の季節は終わってしまった

私たちの1年は桜に始まり桜に終わる

そう言っても過言じゃないなとおもう

桜の花を見上げるたび、何を思ったろう?

「生きているんだ、これからも生きるんだ」と。

「来年もぜったいここに来るんだ」と。

最後になった

満開の桜を背に写った笑顔がそう言っていた

春の訪れを 1年の始まりを

教えてくれるはずの桜が

今はせつなすぎる

テレビでライトアップされた県北の桜を見ながら

「なんとかやってるよ・・・」と伝えている



☆夜桜が逢えぬさみしさ忘れさせ『桜』


すっかり葉桜になり
ハナミズキが咲いている
これはこれで紅葉の思い出がせつないけれど
ありがとう

# by eikel | 2019-04-24 15:20 | ふぉと川柳・こころ・etc | Comments(0)